母娘肛姦 ~私のお尻に染みついていく雄の匂い~ | Haha musume 肛姦[?]

25.12.2013
02:51

rc785879package

GAME HCG DOWNLOAD

bigfile

uploaded

c785879sample1_sc785879sample2_s

c785879sample3_s c785879sample4_s

Japanese title: 母娘肛姦 ~私のお尻に染みついていく雄の匂い~

Romaji title: Haha musume 肛姦[?] ~[?] watashi no o shiri ni shimitsui te iku yū no nioi ~

Size: 129 Mb

Info

Japanese description:

私は、身も心も打ちのめされて、ぐったりとしていました。
膣穴と肛門からあふれる精液の感触が、おぞましくて仕方がありません。
そんな私に、母は一瞬だけ哀れみの視線を寄越しました。
それ以降は娘である私には目もくれず、男にしなだれかかります。
「ねえ……。 娘を捧げましたから……ご褒美をください……」
母の目も声音も、完全に “女” のそれです。
「仕方ないな。 約束は約束だし、吉乃にも情けを掛けてやるか」
男も母の腰に手をまわして、まんざらでもない様子。
若い娘の次に熟れた美女を抱けるとあって、丸出しの男性器は牡欲にいなないています。
「おおっと。忘れていた」
寝室に向かおうとしていた男は、ふと足を止めました。
前後二つの肉穴から精液を垂れ流している私の姿を撮影します。
「これをばらまかれたくなかったら、今後も俺の言うことを聞けよ。 まあ、おまえの母親はこんなだから、もともと逃げ場はないんだけどな」
母の腰にいやらしく腕を巻き付けたまま、男は今度こそ寝室へ向かいました。
それからほどなくして……母のふしだらな声が聞こえてきます。

どうして、こんな事になってしまったのでしょう。
ほとんど家に帰って来ない父。 いつの間にか愛人を作るようになってしまった母。
そして、その母が見たことのない男性を連れて帰り、私は……
(私…… こんなに汚されちゃった……)
閉ざしたまぶたからは、涙が止めどなく流れ続けていました。

1 Comment

Leave a Reply