恋する彼女の不器用な舞台 | Koi Suru Kanojo no Bukiyou na Butai [BMP]

10.12.2014
05:54

c821213package

GAME HCG DOWNLOAD

Original title: 恋する彼女の不器用な舞台

Romaji title: Koi Suru Kanojo no Bukiyou na Butai

Also known as: Koikano, All the world’s a stage, and all the men and women merely players.

Size: 1232 Mb

katfile part1

katfile part2

katfile part3

katfile part4

bigfile part1

bigfile part2

bigfile part3

bigfile part4

datafile part1

datafile part2

datafile part3

datafile part4

uploaded part1

uploaded part2

uploaded part3

uploaded part4

c821213sample8_sc821213sample10_s c821213sample11_s

c821213sample12_s c821213sample13_s c821213sample15_s

Info

Official description:

The students at Hayakubo Academy are all excited about the upcoming culture festival. However, the clubs with not many members have a problem on their hands: if they don’t complete the task that the student council assigned them for the festival, then their club will be disbanded.

For the literary club which Ichigo was part of, they must prove that they deserve a club room and funds by selling 100 copies of their latest work. His childhood friend Mayuu, who used to be a famous actress, was worried about losing a place to call her own, while his underclassmen and writer Sena had no desire to join another club. However, they had only sold 35 copies at the last festival and they couldn’t see how they could meet their goal with only the three of them in the club.

The leader of the 2-member drama club, Momoka, came to them and offered them with a solution. Their club would be disbanded if they didn’t put on a great play at the culture festival, so she asked them to write a script for them and also to take part in the play. She also wanted Mayuu to return to the stage. Will the literature club and drama club successfully complete their tasks?

CUBE 2年ぶりの完全新作は、廃部宣告を受けた文芸部と演劇部が手を組んで、学園祭での成功を目指す青春活劇!
元女優のべったりニート幼なじみ、ヒミツの勤勉商業作家、観る専門の演劇部長、胸も態度も大きい金髪□リ生徒会長。
そんなやたらとハイスペックな仲間や、支えてくれる周囲の力も借りながら、目標を目指して努力を重ねていく成長物語となっている。

カントク氏のイラストなのはもちろん、演劇を主題としているので煌びやかな衣装や、昨今の CUBE作品で顕著なエロさ、
さらに過去作をプレーしている人には伝わる関連性や、Ducaさんの主題歌、他にも遊び心などが織り交ぜられている点に注目!
CUBEファンなら満足すること間違いなしの意欲作 !!

私立 早久保学園は、学生にとってのメインイベントである秋の文化祭に向けて、大いに賑わっていた。
――しかし、部員数の少ない通称・弱小部たちはみんな頭を抱えていた。
それは “文化祭で生徒会が与えた課題をクリア出来なければ廃部にする” という厄介な条件を突き付けられていたから。

そして、主人公・宮国一悟が所属している文芸部にも通達がやってきた。
それは “文芸部の部誌が 100部売れなければ廃部にする” というもの。
「文芸誌の需要があるなら、部室と部費を提供する意味がある」 と学生会は言う。

元は名女優で、現在は同じ文芸部員の幼なじみ・十川真優 (とがわ まゆう) は、「わたしの居場所がなくなる」 と迷惑がり、
現役で作家をしている後輩・七瀬千奈 (ななせ せな) は、「文芸部以外に活動したい部活なんてない」 と困惑する。
しかし、たった 3人だけの文芸部員たちは、解決策を見い出せないでいた。

そんな彼らのもとへやってきたのは、演劇部部長・千代田百花 (ちよだ ももか)。
「上演実績の無い演劇部は演劇部とは呼べない。 今度の文化祭で演劇の上演が出来ないのであれば、廃部にする」
という通達が学生会から出されたものの、演劇部の部員数はたったの 2人。舞台上演など到底無理な話。 だから──
「文芸部に脚本を書いてもらって、出演もしてほしい!
そして、真優ちゃんには再び女優として舞台に立って欲しい !!」 と言う百花。

果たして文芸部と演劇部は、学生会からの課題を無事クリア出来るのか?
真優は再び舞台に立つことになるのか? そして、一悟と女の子たちの恋の行方は?
様々な問題を抱えながらも、文化祭の開催日は刻一刻と迫っていく――

4 Comments

Leave a Reply