恋する少女(ドール)と想いのキセキ | Koisuru Doll to Omoi no Kiseki [BMP]

01.03.2014
21:50

rc776567package

GAME HCG DOWNLOAD

Original title: 恋する少女(ドール)と想いのキセキ~Poupee de souhaits~

Romaji title: Koisuru Doll to Omoi no Kiseki ~Poupee de Souhaits~

Size: 357 Mb

bigfile part1

bigfile part2

datafile part1

datafile part2

uploaded part1

uploaded part2

c776567sample3_sc776567sample6_s c776567sample7_s

c776567sample9_s c776567sample11_s c776567sample12_s

Info

Official description:

――人形遣い―― 自らをそう名乗る阿須葉という女性と、幼き日の主人公・深作友紀 (ふかさく ともき) は出会った。
使役するのではなく、思い遣る。 彼女はその言葉通りに、想いを宿した人形を優しく、愛おしむように “扱って” いた。
友紀は阿須葉の屋敷に入り浸り、たくさんの言葉を交わした……気がする。
幼い頃の記憶はハッキリしないが、確かにその場所で人形たちは “生きて” いた。
彼女たちと過ごした時間は友紀の一番古い、一番幸せな記憶であり、今の友紀を形作るきっかけとなった。

そして現在――
友紀はフィギュア・ドールの関連商品を扱う新興メーカーに見初められ、学生でありながらフリーランスの原型師として活躍していた。
東隣学園のデザイン科に通いながら、フィギュアとカスタムドールの制作に明け暮れる毎日。
そんなある日、街に不審者がウロついているという噂が立つ。
ケンカは弱くて気も弱い、極めてテンプレートなオタクの友紀。 根拠のない噂とうそぶきながらも内心軽くビビっていると、果たして友紀の前に噂の不審者が現れる。
正しくは人などではない “それ” は、不気味な “木偶人形” だった。
何故か友紀の名を呼び、襲ってくる木偶人形。 だが絶体絶命のピンチから彼を守った、ひとりの少女。
左右で異なる輝きを放つ宝石のような瞳を持ち、フードで顔を隠したその少女は容赦なく木偶人形を倒すと、力尽きるかのように自らもその場に倒れた。
そして途方に暮れる友紀の前に現れる、もうひとりの少女・エナ。
寡黙な彼女は友紀の動揺などどこ吹く風で、リュックの中からフィギュアを取り出す。
「それ、俺が初めて原型を手掛けたフィギュアのトワじゃない?」
鷹揚に頷いたエナは、倒れたままのオッドアイの少女のフードをめくる。 そこにあったのは、フィギュアと同じ顔。
「…………トワ」
「約束を叶えに…… 戻って……きました…… マスター……」
それは、再会。 友紀が初めて世に出したフィギュア、プリンセス・トワのフィギュアのモデルであり、友紀の大切な大切な思い出。
確かにあの時、あの場所で “生きて” いた少女人形のトワだった。

「ともき、りっぱなにんぎょうつかいになる」
再会とその一言から、友紀は “人形遣い” 阿須葉の後継者を目指すことを決意。
生きたドールであるトワとエナのマスターとして、共同生活をスタートする。

2 Comments

Leave a Reply