マジスキ ~Marginal Skip~ | Maji Suki VJ006463 [PNG]

17.03.2014
06:18

rc587625package

GAME HCG DOWNLOAD

Original title: マジスキ ~Marginal Skip~

Romaji title: Maji Suki ~Marginal Skip~

Also known as: VJ006463

Size: 766 Mb

rapidgator part1

rapidgator part2

rapidgator part3

katfile part1

katfile part2

katfile part3

bigfile part1

bigfile part2

bigfile part3

datafile part1

datafile part2

datafile part3

uploaded part1

uploaded part2

uploaded part3

c587625sample2_sc587625sample3_s c587625sample4_s

c587625sample5_s c587625sample7_s c587625sample8_s

Info

Official description:

■□■ストーリー■□■
忘れもしない。

あの夜、空には大きな満月がかかっていた。
僕は一人の女の子と約束した。

その女の子は…

私立励学館学園に通う九条貴之は、ある春の夜、懐かしい少女に再会する。
再会したお姫様は、なんと、家出してきたのだった。

もう一人のお姫様。
幼なじみの命の恩人。
頭の上がらない年上の少女。
妹みたいな同居人。

平凡だが平穏だった貴之の生活は一変する。
持ち上がる数々の騒動。
“魔法”なんかを持ち出されたら、それも無理はない。
さらには周囲の女の子の思惑も重なって…。

これまでとはひと味違う。
そんなことを予感させる新学期がスタートするのだった。

■□■登場キャラクター■□■
【家出してきたお姫様】
●シェーラ=エル・エリス (CV:佐本二厘)
神魔界と呼ばれる異世界のお姫様。
主人公とは同い年、2年E組。
“神魔界の至宝”と謳われる絶世の美少女で、プロポーションも完璧。非の打ち所のないレディ。
主人公とは幼い頃に一度だけ会ったことがあり、その時の思い出を大切にしている。
主人公と再会したくて、こちらの世界へやって来た。
黙っていても高貴な気品が漂うが、人当たりはとても柔らかい。

「いつか、また、会えると信じていました。いつか……きっと」

【憂い顔の向こう側】
●ニースライト・ヒースラヴァー (CV:青山ゆかり)
シェーラの実の妹で一つ年下、1年B組。
やや憂いを帯びた表情が儚げな印象を与えるが、見目麗しさでは姉に勝るとも劣らない。
主人公と幼い頃に交流を持ったことがあるが、彼女はそれを否定する。
よそよそしい態度を取っているが、無意識のうちに視線はいつも主人公の姿を追っている。
他の女の子と仲良くしているときなど、目に見えてプンプンしている。

「知りません。…あなたのことなんか」

【恋にバイトに大忙し】
●宮崎由紀菜 (CV:安玖深音)
主人公の幼なじみ、2年E組。
歳も同じということで、これまで主人公の一番身近にいたが、
シェーラやニースの登場によってヤキモキさせられているとか。
持ち前の明るい気性がそんなことを窺わせないが、両親に捨てられたという暗い過去を持つ。
そんな由紀菜にとって、主人公の存在は何より大切なものだった。

「命の恩人って、どれだけの存在なんだろうねぇ?…恋人以上だったりして!」

【幼なじみがトップアイドル!?】
●天津 冬子 (CV:民安ともえ)
主人公の一つ年上の幼なじみ、3年A組。
芸名は天津りさ。
人気絶頂のアイドルユニット 『デートコース』のリードボーカル。
だがひとたびアイドルの仮面を脱げば、その素顔は主人公の“隣のお姉さん”であり、
そのことは昔も今も変わらない。
本当は主人公のことを甘やかせてあげたいのに、口を開けば顎で使ってしまう。
素直になれないお姉さんなのだった。

「貴之は、わたしのいうことだけ聞いていればいいの!」

【恋する少女は命がけ】
●御狭霧かなで (CV:風音)
主人公の妹のような幼なじみ。1年E組。
かいがいしい性格と容姿の可愛らしさから、男子の人気は非常に高い。
「お嫁さんにしたい女子」学年NO.1の実績。
だが、本人はお兄ちゃんしか目に入らないとかなんとか。
原因不明の発作にずっと苦しめられているという経緯から、人に迷惑をかけまいとする意識が強い。
だがお兄ちゃんにだけは甘えがちなのだった。
目下の悩みは体つきが幼いこと。
シェーラや冬子のことを物欲しげに見つめている姿が、たびたび報告されている。

「ごめんね、お兄ちゃん。…あっ、…えへへ、また謝っちゃった」

Leave a Reply