牝鏡 調教 | Megane Choukyou VJ007814

26.03.2014
08:07

rc773991package

GAME HCG DOWNLOAD

Original title: 牝鏡(メガネ)調教 ~メガネ少女は如何にしてキモオタ教師のものになったか~

Romaji title: Megane Choukyou ~Megane Shoujo wa Ikan ni Shite Kimoota Kyoushi no Mono ni Natta ka~

Also known as: VJ007814

Size: 115 Mb

uploaded

bigfile

c773991sample3_sc773991sample4_s c773991sample5_s

c773991sample7_s c773991sample8_s c773991sample9_s

Info

Official description:

【不良に陵辱を受け続け、果てはキモオタ教師の毒牙にかかるメガネ少女!】
限りない暴行を受け続ける孤独な少女が主人公。
性根の腐ったクズであるキモオタ教師がその現場を見てしまい、
娘を愛奴隷にすべく渾身の調教が始まる!

【ドSでドMな不良メガネ娘の濃厚Hに翻弄される!】
ヒロインを虐めるグループの不良娘がキモオタ教師に急接近。
最初は女王然と振舞いHも主導権を握っていたのだが、
キモオタの姦計によりドM調教を受ける事に!

【ヒロインたちの身も心も堕とすための調教プレイが満載!】
「レイプ3P」、「陵辱ぶっかけWピース撮影」、「輪姦現場動画撮影」、
「ナースコスプレ調教」、「メイドフェラ御奉仕」、「ラバースーツ野外散歩」、
「足コキ」、「ご褒美フェラ」、「緊縛鞭打ち」、「電撃調教」
と盛りだくさんのプレイが楽しめる!

■ストーリー
学園で国語を受け持つ教師・後藤は学生たちからキモオタとしてバカにされている。
二次元の女性キャラにしか興味を示さない後藤だが、
大人しい性格でクラスでもあまり目立たない長谷倉真奈のことが気になっている。

ある日、校内で長谷倉が複数の不良学生に暴行されている姿を目撃してしまう。
興奮のあまり携帯でその様子を撮影するが、その後携帯を紛失してしまうのだった。

携帯を届けてくれたのは暴行犯の彼女でもある不良娘・相田祐里子だったが、
相田は後藤に対して露骨な誘惑を仕掛けてくるようになる。

後藤は長谷倉と図書室管理の仕事を通じて親密になっていくが、
相田とも性的関係を持つようになり、次第に両者を我が物にしようと企むのだった…

■登場キャラクター
【可愛そうな眼鏡娘】
●長谷倉 真奈 (CV:長月空)
「無口」「影薄い」「無主張」「押しに弱い」「友好関係狭い」

クラスで1人は居た「眼鏡」「無口で根暗」「友達居ない」「休み時間は読書」
「何も主張しない(出来ない)」を具現化した今作のメインヒロイン。
それでも、今回の騒動に巻き込まれるまでは平穏無事に過ごしていたのだが、
クラスの不良「村瀬」に心をときめかしてしまったのが運のつき。
不良達の策略により肉奴隷としての人生を歩むことになってしまった。
それほど大きくない身長とはアンバランスな豊満な乳房がポイント。
本人的には気にしている所だが、男性諸氏にとっては熟れた果実状態である。
常に俯き加減でボソボソと小声で話す辺りに自分への自信の無さが伺える。
加えて度のキツい眼鏡を常に着用し、あまりファッションなどにも気を配らない様子。
同性異性関わらず心を許せる友達は学園には居ないようである。

【メガネの不良女子】
●相田 祐里子 (CV:白雪姫乃)
「素行不良」「性に奔放」「人懐っこい」「残虐性」「マゾヒスト」

茶髪に着崩した制服とテンプレ通りな不良娘。
人懐っこい性格で主人公にもフレンドリーな(無遠慮な)口調と態度で接して来る。
反面、残虐な面も持ち合わせており、自分よりヒエラルキーの低い者には
どの様な事をしても許されると思っている節がある。
学園ではクラスメイトの村瀬と付き合っているのだが、性に大変奔放であり、
現在までに100人以上(老若男女関わらず)と肉体関係を結んでいるのだが、
当の村瀬はその事を知らないでいる。
実は根っからのマゾヒスト体質で、作中では自分より明らかに格下のキモオタ(主人公)から
奴隷のような扱いをされる事に、何よりの快感を見出してしまう。

【キモオタ先生】
●後藤 昌弘
「キモい見た目」「オタク趣味」「小心者」「自己正当化」「歪んだ自尊心」

今作品の主人公。ヒロイン達の通う学園で教師をしている。
趣味は18禁PCゲームと成人コミックやアダルトアニメ鑑賞。
3次元の女性にはまったく興味を示さない生粋のオタクである。
その趣味と見た目のキモさから、学園の生徒達からは「キモオタ先生」と
揶揄され影で罵倒されているのだが、小心者なので面と向かって注意や抗議などは出来ない。
そこで溜まった鬱憤はオタク趣味で発散しているようである。
国語教師を務めているからか、かなりの読書家である。
分野もノンフィクションから歴史活劇、ミステリから純文学~ライトノベルと幅広い。
その為、学園の図書室管理の仕事を同僚から押し付けられたりしているのだが、
本人的には「図書準備室という個室GETできて、更に大好きな本に囲まれて幸せ」位の認識である。

Leave a Reply