牝教師3 ~淫悦の学舎~ | Mesu Kyousi 3 ~ Inetsu no Gakusha ~ [PNG]

28.02.2014
05:37

c761816package_s

HCG DOWNLOAD

Original title: 牝教師3 ~淫悦の学舎~

Romaji title: Mesu Kyousi 3 ~ Inetsu no Gakusha ~

Also known as: VJ008207

Size: 1,61 Gb

bigfile part1

bigfile part2

bigfile part3

datafile part1

datafile part2

datafile part3

c761816sample3_sc761816sample7_s c761816sample10_s

c761816sample12_s c761816sample14_s c761816sample15_s

Info

Official description:

■ストーリー
記憶喪失の主人公は、自分の身元もわからない状態ながら、
担任の『吉井 灯子』をはじめとする学園のフォローもあって、
不自由なく過ごしていた。

しかし、記憶がないせいか夢や希望を持つことができず、
何にも執着することのない空虚さを感じていた。
そしてひょんなことから、自分がとある事件をきっかけに記憶を失い、
それが学園の中で起こったものであることを知って、
退屈な日々の暇つぶしとして、その事件のことを探り始める。

証拠を得るため、夜に職員室へと忍び込むが、灯子に見つかってしまう。
自分を咎める灯子に、主人公は空虚な日々に耐えられないという心情を吐露し、
改めて事件について詰問する。

しかし、灯子も激高し、記憶喪失になった主人公の担任をする労苦を吐き出して
主人公を責めたのだった。
灯子の本音を知った主人公は、心の奥底から強烈に湧き上がってくる
嗜虐的な情欲に突き動かされ、彼女を犯してしまう。

記憶を失って以来初めて得た強烈な衝動、興奮と快楽を得た主人公は、
こうして女を犯す喜びこそが、なくしていた自分の本質なのだと見いだす。

そして、目覚めた欲望の赴くままに、他の女教師達――

正義感の強い、箱入りお嬢様現国教師『姫川 由梨香』
明るく気さく、しなやかな色気をまとう体育教師『水沢 千里』
日本文化に心酔し、高貴な雰囲気を漂わせる『リーナ(佐伯 里亜奈)』
学園のマスコットとしてかわいがられる養護教諭『高科 くるみ』
着任したばかりの新任学園長『小松崎 志乃』

も灯子と同じように無残に犯してやろうと動き始めるのだった――

■登場キャラクター
【好奇心旺盛で純真無垢な箱入りお嬢様先生】
●姫川 由梨香 (CV:手塚りょうこ)
明るく元気で正義感の強いお嬢様。
箱入りの環境で育ったために純真で世間擦れしておらず、怖いもの知らずで好奇心旺盛。
何でも素直に受け止めてしまうため、いろいろな事柄に影響されやすい。
ドラマや漫画に感化されて教職に就き、自ら立候補し生活指導を担当している。
バイタリティに溢れ、考えるより先に身体が動く行動派だが、
その行動の端々には育ちのよさが窺え、学生に対しても常に丁寧語で話す。
教師としての思いやりは本物で、不器用ながらいつも学生のために行動し、
身を挺して学生をかばうことができる。
一方で、人から叱られた経験がほとんどないため、間違ったことをした学生を
説教をするのが苦手である。
それでも、真摯に更生への道筋を学生と一緒に考えようとする。

【成熟した色香を放つ真面目な堅物美人教師】
●吉井 灯子 (CV:榊木春乃)
少し取っつきにくそうに見える外見とは裏腹に、物腰は穏やかで、学生の相談によく乗っている。
そういったふだんの振る舞いにより、周りからは実力を超えた過度の期待をされることが多く、
真面目すぎる性格のため、その期待に応えようと無理をして、ストレスを溜めてしまう損な気質。
他人に弱味を見せるのを嫌い、窮地に追い込まれても強がる。
だが、芯がそれほど強いわけではないため、限界を超えるとすぐに心が折れてしまう。
端的に言ってしまえば、見栄っ張りで、意地っ張り。
担任として記憶喪失になった主人公の面倒を見ているが、
本心では、厄介な事情を抱えている主人公をどう扱っていいか悩んでいる。

【派手な外見とは裏腹にとことんウブな競泳部顧問】
●水沢 千里 (CV:有賀桃)
運動神経に優れ、競泳部の顧問を務める、明るく気さくな性格の女教師。
活動的な雰囲気ながら、大人の女性としてのしなやかな品や色気を併せ持つ美女。
一般学生にも不良学生にも分け隔てなく接する人当たりの良さで、教師連中より学生達との方が仲がよい。
主人公に対しても必要以上に構えず、自然体で接している。
開けっぴろげに見えるが、性に関することがとことん苦手で
そうした事柄に接すると明からさまに取り乱してしまう。
男女交際についても、他人の色恋の話を聞くのは好きだが、自分のこととなるとてんでダメで、
異性からモテる割に、男性経験は皆無。

【日本文化を愛する優しく厳しい実直な外国人教師】
●リーナ(佐伯 里亜奈) (CV:ヒマリ)
純血のロシア人で、日本に帰化して教師をしている女性。
学生達には自分を『リーナ』という愛称で呼ばせている。
大人びた容姿の中にアンティークドールのような気品とミステリアスさを持つ。
物静かで落ち着いた物腰。
心優しく、凛とした物言いをする。
いつでも背筋を伸ばし、キリッとした態度を見せているため、
高貴な姫のようでもあり、高潔な騎士のようでもある。
流暢な日本語で話し、忍者や侍などを愛する、多少偏りのある日本文化マニア。
そんなカルチャーギャップから、少しとぼけた行動を見せることもあり、
そんな一面が学生に愛されている。
武士道や侍魂といったものへの憧れから、曲がったことが大嫌い。
教師としての誇りを持っており、学生のことも大事に思っているため、指導は厳しめ。
間違ったことをする学生には毅然とした態度で、とくに厳しく接する。

【子供っぽい身体に大きな慈愛の心を秘めた養護教諭】
●高科 くるみ (CV:桃也みなみ)
よく食べ、よく眠る。
喜怒哀楽の激しい、外見も中身も子供のような養護教諭。
袖余りのぶかぶかな白衣を羽織った姿が愛らしく、学園のマスコットとしてみんなから可愛がられ、
学生から大好きな甘いお菓子をもらって餌付けされている場面が頻繁に見られる。
自分でも子供っぽいことは気にしていて、大人っぽく振る舞おうと心がけてはいるが上手くいかない。
実際は、よく気がつくしっかりした性格で、仕事でのミスはめったにしない。
養護教諭として真面目に学生と接する時は、包容力のあるお姉さんとして頼れる面を見せる。
心優しいお人好しで、「根っから悪い人なんていない」と性善説を信条としている。
凌辱された後も、必ず主人公を更生させると誓ってへこたれない芯の強さを見せる。

【豊満な胸に人知れず悩みを抱える心優しい学園長】
●小松崎 志乃 (CV:御苑生メイ)
叔父である先代学園長から代替わりをしたばかりの、歳若い学園長。
少々気が弱いが、おおらかでほんわかとした優しい性格であり、学生達のことを心底大事に思っている。
以前は先代学園長の秘書を務めていたため、仕事のノウハウはあるものの
経験がまるで足りていないため、今はまだほとんどお飾りの学園長となっている。
まだ着任したばかりのため、学生にもあまり顔を覚えられておらず、教師からも頼りなく思われている。
主人公が巻き込まれた事件のことを断片的ながら知っており、そのため主人公のことを気にかけている。

5 Comments

Leave a Reply