世界を救うだけの簡単なお仕事 | Sekai wo Sukuu dake no Kantan na Oshigoto [PNG]

30.11.2014
08:01

世界を救うだけの簡単なお仕事 | Sekai wo Sukuu dake no Kantan na Oshigoto

GAME HCG DOWNLOAD

Original title: 世界を救うだけの簡単なお仕事

Romaji title: Sekai wo Sukuu dake no Kantan na Oshigoto

Also known as: Sekasuku, sksk

Size: 231 Mb

katfile part1

katfile part2

bigfile part1

bigfile part2

uploaded part1

uploaded part2

c810326sample3_sc810326sample6_s c810326sample7_s

c810326sample8_s c810326sample9_s c810326sample12_s

Info

Official description:

Arata is a hot-blooded guy who aims to become a hero and runs about every day helping others along with his osananajimi Akari. One day, he received a mail looking for heroes to save the world. He thought it was just spam, but it was actually a genuine contract mail. His room became a gate to another world Ragnagia and an epic adventure full of laughs and tears awaited them… or so he thought.
It took a mere day for him to defeat the maou and save the world. After hearing the ending theme play, seeing the credits roll by and a short epilogue, the gate to the other world shut and it was the end of this story.
However, when he returned to his room he received the same mail as before and the gates to Ragnagia opened once more. It seemed that the maou would reappear after a set period. When he arrived at the maou’s castle, he discovered that the new maou Ciel was useless. He helped her instead of attacking her and she fell in love with him at first sight.
When he and Akari returned victorious, they found out that they couldn’t return back to their original world. So, they continued their hero duties while looking for a way home. Will they be able to do so? And what is the meaning behind the respawning maou?

It’s written by those that worked on Tiny Dungeon, so comedy should be no problem.

光島新は、現代の日本に生まれながらヒーローを目指して日々努力を続ける、ちょっと……いや、かなり変わった熱血学生。
幼なじみであり理解者である月見里灯と共に人助けのため、今日もどこかで東奔西走。

そんな新たちのもとに、一通のメールが届けられた。
『勇者募集中 世界を救うだけの簡単なお仕事です』
それは一見するとただの迷惑メールで、じっくり読んでみてもやっぱりただの迷惑メール。
しかし、その迷惑メールは異世界に繋がる本物の契約メールだった。
新の部屋の扉は異世界・ラグナギア に繋がり、勇者として魔王と戦うことに!
友情、努力、勝利。 そして、笑いあり涙ありの大長編的な冒険が今まさに幕を上げる!

はずだった……。
「ごめん、なんか勢いで魔王倒しちゃった」
召喚されてわずか一日。 魔王をあっさり倒してしまう新。
聞こえてくるエンディングテーマ、流れ出すスタッフロール、そして始まるエピローグ。
異世界への扉は閉じ、あっさりと物語は完結した。

にもかかわらず、
『勇者募集中 世界を救うだけの簡単なお仕事です』
元の世界に戻った新のもとに、再び届く例のメール。
そしてまたもや召喚されたラグナギアで、新たちは知らされる。 この世界が定期的に魔王を生み出しているということを。
だがしかし、魔王城へと乗り込んだ新たちの前に現れた新生魔王・シエル は、絵にかいたようなポンコツ魔王だった……。
一蹴され泣きだしてしまったシエルにトドメを刺せず、それどころか助けてしまう新と、そんな勇者様に一目惚れしてしまう魔王様。

そんな、やっぱり大冒険とはほど遠い、二度目の魔王城攻略を終えて凱旋した新は、自分たちが元の世界に帰れなくなっていることを知る。
かくしてふたりは成行きのまま、元の世界へと帰る方法を求めて勇者稼業を続けることに。
新たちは無事に自分たちの世界に帰ることができるのか。 繰り返し生まれる魔王にどんな意味があるのか。
これは “魔王を倒す” という、結末(エンディング) を越えた先にある物語。

Leave a Reply