舌入×シたい×慕い | Shitai x Shitai x Shitai VJ008289 [BMP]

16.02.2014
07:35

rc793435package

GAME HCG DOWNLOAD

Original title: 舌入×シたい×慕い

Romaji title: Shitai x Shitai x Shitai

Also known as: VJ008289

Size: 273 Mb

c793435sample1_sc793435sample2_s

c793435table2_s

bigfile

uploaded

Info

Official description:

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【「舌入×シたい×慕い」発売記念!ディレクター「almi3104」の作品半額キャンペーン!!】

心と体の舐め愛AVG「舌入×シたい×慕い」の発売を記念いたしまして、
ディレクター「almi3104」が手がけた3作品を半額にて提供させていただきます!!

ツルペタ! ~ちっぱいは性交の素~
3,990円 → 1,995円
dlsite.com/pro/work/=/product_id/VJ007246.html

どろり甘エロご奉仕性活!
3,990円 → 1,995円
dlsite.com/pro/work/=/product_id/VJ007697.html

魔女っ子LO~るプレイ
3,990円 → 1,995円
dlsite.com/pro/work/=/product_id/VJ008015.html

2014年2月20日(木)正午までとなっておりますので、是非この機会をお見逃しなく!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■ストーリー
妻の不倫によって離婚した主人公は、
妻の親権放棄により血の繋がらない義娘『千桜里』を引き取ることになった。

未だ他人行儀な千桜里の態度に距離感を図りかねる主人公だったが、
ある日の夜、部屋を訪れた千桜里は、いつものクールな様子からは
考えられない幼さを見せ、寂しいと温もりを求め、
甘えるように主人公に肌をすり寄せてきた。

禁断の欲望に必死に堪えるものの、
千桜里の小さな舌が体に触れた瞬間、世界が一変する――

漏れ出る熱い吐息、滴り落ちる唾液……
そして、絡みつく小さな舌の動きに、
主人公は、舐められるという行為に得も言われぬ背徳と高揚を感じた。

もっと舐めさせたい、そして自分も舐めてみたい――

目の前には主人公を求める少女、そして舐めるだけならばという悪魔の囁き……
その潤んだ瞳から流れる涙を止めるために、
主人公の開いた口から出たのは慰めの言葉ではなく、熱く震える舌だった。

腋を――髪を――太ももを――体の隅々を舐め上げ親愛を
足を――乳首を――尻の穴を――体の隅々を舐めさせ服従を

生殖器が触れ合わずとも人は舌だけでも
『舐め愛』『吸い愛』『しゃぶり愛』『絡め愛』――触れ愛、求め愛十分に愛し合える。

タガが外れた欲望は主人公を侵食し始め、舌の持つ魅力に取り憑かれた、
深く歪な愛欲まみれ『舐め狂めく(なめくるめく)』親子の物語が今始まる……

■登場キャラクター
【クールな義娘】
●滑川 千桜里 (CV:あさり☆)
主人公の元妻の連れ子で、義理の娘。
奔放だった母親のため、早熟で少し冷めた感じの委員長タイプの少女。
義父である主人公を『お父さん』と呼びつつも、
血の繋がりが無いことからあまり頼ろうとはしていない。
その心の奥底では、まだまだ甘えたいざかりの時に、
実の両親が離婚した過去から、父親の愛情に飢えている。

「私は自分を不幸だなんて思ったことはないです……
そう思って私を引き取ったのなら、ただの自己満足です」

【甘えん坊な義娘】
●ちおり (CV:あさり☆)
今回の実母と主人公の離婚により、実の母親から親権を放棄されたことで、
密かに心に負担がかかり、特定の条件下で幼児退行を起こした千桜里の姿。
そうなった時は、主人公を『パパ』と呼び、
甘えん坊な少女に変身して、温もりを求め、肌をすり寄せる。

「ん~はぁぁ……パパのポカポカいいニオイ~……んふふ、、ちお、だーい好き♪」

【娘の魅力に堕ちる父親】
●滑川 敦
主人公。
順風満帆だと信じていた生活が、妻の不倫で一変してしまった男。
不倫した妻に制裁を課した後に残された虚無感や孤独感に対して、
あの時ふとしたきっかけで不倫の証拠を見つけなければ、
今も表面上は順風満帆な生活が送れていたと後悔している。
実の親に2度捨てられた千桜里に負い目を感じて、
彼女の幸せを願っており、彼女のためならばどんな苦労もいとわない。
ただ、千桜里との距離感から、この気持ちを娘がどう思っているのかが、悩みの種。
幼児退行した、ちおりの『舐め』により、『舐める』魅力に取り憑かれて、
次第に普段の千桜里の体も求めるようになっていく。

Leave a Reply